通常物件と異なる点

シェアハウスは、通常の物件とは異なるところがいくつかあります。普通の物件と比べたとき、どのあたりが異なるのかという点について知っておきましょう。

まず、一人暮らしのときとは違って、敷金・礼金がない物件が多いです。これについては、通常は家賃の1ヶ月や2ヶ月くらいかかることが多いのですが、これがかからないのはとても大きな節約になるはずなのです。

費用ちなみに、保証金と共益費はかかると思っておいてかまわないです。これは入居の際に運営事務所に払うお金のことです。大体1万円から5万円程度かかると思っておきましょう。初期費用として計上されるわけですが、実際のところは設備の破損がなければ退室の際に戻ってくることが多いです。ですから、きちんと気をつけて破損のないように部屋に住むことができるのならば、実質お金がかからないと思ってもかまわないわけです。ただ、修繕費として追加で請求される可能性も0ではないことを覚えておきましょう

それから、共有部分の費用がかかるケースもありますし、その金額は物件によって異なりますから、それについてもしっかりと理解しておくことによって、大きな費用の得ができるようになるはずです。あらゆる方向から見た時に、初めて費用を抑えることができると思っておいてかまわないです。