通常物件と異なる点

シェアハウスは、通常の物件とは異なるところがいくつかあります。普通の物件と比べたとき、どのあたりが異なるのかという点について知っておきましょう。

まず、一人暮らしのときとは違って、敷金・礼金がない物件が多いです。これについては、通常は家賃の1ヶ月や2ヶ月くらいかかることが多いのですが、これがかからないのはとても大きな節約になるはずなのです。

費用ちなみに、保証金と共益費はかかると思っておいてかまわないです。これは入居の際に運営事務所に払うお金のことです。大体1万円から5万円程度かかると思っておきましょう。初期費用として計上されるわけですが、実際のところは設備の破損がなければ退室の際に戻ってくることが多いです。ですから、きちんと気をつけて破損のないように部屋に住むことができるのならば、実質お金がかからないと思ってもかまわないわけです。ただ、修繕費として追加で請求される可能性も0ではないことを覚えておきましょう

それから、共有部分の費用がかかるケースもありますし、その金額は物件によって異なりますから、それについてもしっかりと理解しておくことによって、大きな費用の得ができるようになるはずです。あらゆる方向から見た時に、初めて費用を抑えることができると思っておいてかまわないです。


安さが魅力

シェアハウスは、安さが最大の魅力です。家具や家電については少し触れましたが、実際に必要なものを揃えてどこかに住むとなった場合には、10万円以上かかるケースも珍しくはないかと思われます。そのように考えたときには、シェアハウスはかなりの費用の節約になることは間違いありません。もちろん、退去するときにも、荷物の処理などは考えなくても良いのです。

魅力また、光熱費に加えてインターネットの費用に関しても家賃に含まれていることが多いです。ですから、その分の費用も抑えることができますそして、何か困ったときには助け合うことができるという魅力もあります。一人暮らしというのは、何かとしんどいこともありますが、そのようなときに誰かと一緒ならば、話もできますし、精神的に安心できるところもあるわけです。

ただし、当然のことですが、シェアハウスに住むということは、知らない人と一緒になるということだけは理解しておかなければなりません。仲良く出来るかどうかというのは、最大のポイントになってきます。いくら良いところであっても、一緒に住む人との相性が合わなければ難しいことだってあるのです。それこそが、シェアハウスにおけるデメリットともいえる点だと思われます。


シェアハウスの初期費用

シェアハウスに使う初期費用はどのくらいかというと、それは人によって差が出てきます。たとえば、大体のシェアハウスでは家賃と共益費の1か月分を前払いする必要があるのですが、これを初期費用とするかどうかというのが人によって異なってきます。これは契約の時に支払っていますから、初期費用であると考える人もいるでしょう。ちなみに、この金額の相場は4万円から5万円程度だといわれており、初期費用と考えるのであれば、この金額がプラスされることになります。ですから、この費用が安ければ、それだけかかるお金を抑えることができることになります。

費用を抑えるまた、シェアハウスの場合、家具や家電などに加えて、机やベッドもついてきます。ですから、これらを購入する費用を抑えることもできるのです。しかし、すでに一人暮らしをしていて、シェアハウスに引越しをするという場合と、実家からシェアハウスに行くという場合では、また費用が異なってきます。これに関しては、どちらの方が費用がかかるというのは一概に言えないからです。もちろん、必要最低限のものを持っていくと考えた場合には、いずれにしてもかなりの安値になると見ても良いでしょう。部屋の費用以外に必要なお金によって、費用を抑えることができるかどうかが決まると思ってかまわないわけです。


部屋探しならシェアハウス

もしも部屋探しをしているのならば、シェアハウスというのは選択肢としては狙う価値があるものです。やはりこのときに気になってくるのは初期費用ではないでしょうか。もちろん、金額的には安価とは言われていますが、家賃と共益費を一定額前払いする必要性がありますから、それを初期費用とするかどうかが大事になります。

シェアハウス初期費用を抑えるという意味では、シェアハウスを選ぶというのは実はとても有効であり、家具や家電に加えて机やベッドもついてきます。これを揃えようと思ったら、場合によっては10万円近くかかってくることもありますから、あらかじめ用意がされているシェアハウスを選ぶことにおいてはとても価値があると見ても良いのです。

また、光熱費やネット代金も家賃に含まれていることが多いですから、その面に対してもかなり割安になると見ても良いでしょう。例えば、通常の家であれば家賃4万円にプラスして、電気・ガス・インターネット代金が上乗せされるわけですが、シェアハウスであれば家賃に元々これらの金額があって安価で利用できる可能性があるわけです。

このシェアハウスというものについては、しっかりと知っておくと、いざ借りるときに便利なものです。また、シェアハウスを利用したという方は20代~30代中心となっています。全国賃貸住宅新聞では、シェアハウス女性の方が利用者は多いという実態調査がでています。それでは、どのようなメリットがあるのかということについて見ていくことはもちろんのこと、通常の物件とはどのような点が異なるのかということについても見ていきましょう。部屋を借りることに対して選択肢に入れる価値はあると見ても良いでしょう。